業務案内

ホーム > 業務案内 > 電気(鉄道系技術)

電気(鉄道系技術)

電気(鉄道系技術)

近年“エコな乗り物”として鉄道は見直され国民の最も身近な交通インフラです。都市間高速鉄道における、高速性、大量性、安全性を確保するために集結された各種の技術を総合した企画・調査・計画・設計を豊富な経験と実績で鉄道事業者様に提供しております。

電気設備設計

私たちの最も身近な交通インフラであります道路・鉄道施設において、誰もが安全で、快適に円滑な移動が行えることを願って、電力・信号保安・情報通信の分野を通じて社会に貢献しています。

通信情報設備

通信情報設備

概要 列車安全運行に重要な列車無線や鉄道電話等の通信設備をはじめ、お客様に正確な情報を伝える行先表示設備や案内放送、安全を配慮した乗降・防犯監視カメラ、視覚身障者の方にも安心て乗降してもらえる誘導鈴設備等を最新の技術を駆使して、信頼性の高い施設づくりに貢献しております。
電気設備

電気設備

概要 快適で安全な駅舎空間を演出する照明・空調設備、異常時の避難誘導になくてはならない火災報知器誘導灯等、駅を利用してくださるお客様の親身になった空間づくりに取り組んでいます。
運転保安設備

運転保安設備

概要 列車の安全、確実な運行を支える信号保安設備、踏切保安設備の新設、更新、改良時の調査、設計において、より安全で、確実な輸送を実現するためのシステム造りを豊富な経験・知識をもって提案、提供しております。
剛体電車線設備

剛体電車線設備

概要 地下鉄道においては、カテナリ式架空電車線と同一の集電装置(パンタグラフ)を使用出来る剛体電車線が主流となっています。架空電車線と比べ断線事故等のリスクが少なく保安度が向上し、メンテナンスにかかる費用も圧縮できます。このような剛体電車線の設計は豊富な知識、経験をもとに蓄積された技術力を活かせる『株式会社かんこう』におまかせ下さい。
電車線路支持物

電車線路支持物

業務名称 電車線路支持物
概要 最近の連続連立化事業におきましては、景観に配慮した高架躯体が建設されています。電車線支持物柱も例外でなく、従来の山形鋼を主材としていた構造から、鋼管を主材として丸みを持たせ、高架土木構造物とマッチングした支持物の設計に取り組んでいます。

分析試験

廃重電機等の廃棄時にはPCB混入の可能性の確認が必要です。〈かんこう〉では、絶縁油の採取、分析試験、移動適正な管理方法等を需要家の皆様方の立場になって業務を行っています。

ページの先頭へ